酒と肴と時々カレー

手間をかけてもズボラでも。素敵なうつわで、おいしいモノを食べて飲みたい。主婦のあくなき欲望マガジン。

川島酒造 松の花 無濾過純米生原酒 × 魚治 筍山椒

こんばんは。

 

今夜の酒×肴は

川島酒造 松の花 無濾過純米生原酒 × 魚治 筍山椒です。

 

先日京都へ帰省した際に、お土産で買い込んできた、

滋賀は湖西の高島市にございます、美食セットです。

 

なんだか漢字ばかりのタイトルなので、少しづつ分解して見ていきましょう。

 

 

まずは、お酒。

川島酒造さんの看板酒 松の花。その、無濾過純米生原酒です。


川島酒造さんは、滋賀県の琵琶湖の北西にある高島市という場所にあります。

滋賀のお酒は全体的にしっかりしたものが多く、

そいういうものが飲みたい時は、私はよく滋賀のお酒を選びます。

美味しい酒蔵さんがとても多いように思います。

 

今回は、その中でも生原酒。

かなりしっかり気味。

 

火入れしてない生ですので低温保存必須。

そしてどんどん発酵していくので早めに飲まないといけません。

とはいえ、発酵していって味が少しづつ変わっていくのを楽しむのも、

なんだかんだで嫌いではありません。

荒く感じたらすかさず燗にします。

 

むしろ、生原酒でさらに無濾過となると、

つまみによってはさっさと燗にしてしまうこともあります。

 

もったいないといえばもったいなかもしれませんが、お酒とつまみが美味しくなるなら、それでいいかなとも思ってしまいます。

原酒なので通常より度数も高め。

 

しっかりしたお酒らしい色ですね。

はい。本当にしっかりしたお味です。

ぐっときます。おいしい。

 

 

今日は酒器もお気に入りのもの。

台北永康街にあります、回留茶館 という台湾茶喫茶店にて一目惚れで購入。

とても繊細な筆使いで描かれた柄は、見てるだけで惚れ惚れです。

酒器にもお酒を美味しくしてくれる力があると思うのは私だけでしょうか。

 

 

 

そして、次にくるは、魚治さんの 筍山椒です。

魚治さんも、滋賀の高島にある老舗。

創業は天明四年(1748)ということで、もはやピンとこない数字です。

 

有名なのは鮒寿司

鮒寿司懐石といえば魚治さん」くらい有名です。

今ググって知ったのですが、「美味しんぼ」でもここの鮒寿司が紹介されているんだそうです。

 

この魚治さんが運営している近江懐石料理屋さんが湖里庵 というお店。

このお店の名前は、

「沈黙」で知られる小説家 狐狸庵先生こと遠藤周作先生の命名だそうで、

料理よし景色よし、いつかは行ってみたいお店です。

 

本来でしたら鮒寿司…といきたいところでしたが、

なんせ関西から沖縄に帰るには、ある程度日持ちのする食品でないといけないということで、今回は、筍山椒を買って帰ってきた。ということです。

保存料・化学薬品なしに、シンプルに、筍、みりん、醤油、酒、昆布、山椒だけを使って作られています。

 

山椒もしっかり入ってる。

お味は、想像以上に上品な筍山椒でびっくりしました。

これだと、ちょっとお酒が強すぎるくらいです。

 

こうして、お酒の燗行きはほぼ確実となりました。

それでは今夜も乾杯。

 

 

お酒 

西近江の地酒 松の花|川島酒造株式会社 滋賀県高島市

つまみ

ギフトセットなども作られているようなので、いつか使ってみるのもいいかもしれません。鮒寿司を、届けてもらうのもいいですね。

酒器

回留茶館

http://www.huiliu.info/