酒と肴と時々カレー

手間をかけてもズボラでも。素敵なうつわで、おいしいモノを食べて飲みたい。主婦のあくなき欲望マガジン。

吉田酒造 竹生嶋 吟吹雪 × 卵のピクルス

こんばんは。

 

今夜の酒×肴は

吉田酒造 竹生嶋 吟吹雪 × 卵のピクルスです。

 

お酒、竹生嶋については、こちら*でにて少し触れておりますが、湖西にある酒蔵さんです。

熟成酒という事で、しっかりした味の琥珀色。

 

そして、玉のピクルスとはこちらで*挑戦してみた、乳酸発酵ピクルスで作ったゆで卵の事です。

乳酸発酵とは、平たくいうと、一定の塩分濃度の水に野菜などを漬けておくと、野菜の表面に付いている乳酸菌が繁殖して、酸味のあるピクルスが出来上がる。といったようなものです。

 

「ピクルスは卵が一番!」というご意見をたくさん拝見したので、作ってみた次第です。それがこちら。

残念ながら、おそらく乳酸菌が、卵の白身の部分を分解してしまい、漬ける前はツルツルだった卵も、漬けた後はご覧のようにグズグズです。

 

割ってみると、程よい半熟感がいい感じです。

もちろんですが、この半熟感は、ゆで卵を作るときに仕上げた半熟感であり、乳酸発酵による効果とは何一つ関係ないのでご注意ください。

 

お味の方は、チーズのような風味です。チーズをもう少し淡白にしたような味。とても美味しいです。お酒にもアイマスね。

白身の部分がグズグズになって取り出しにくくなる以外は、今後も楽しめそうな一品です。

 

乳酸発酵の作り方はこちらのブログ*にて詳細を書いておりますので、きになる方はよろしければ。

強めの熟成古酒に、チーズのような発酵卵、最高にあいます。

 

待ちきれません。

それでは乾杯。