酒と肴と時々カレー

手間をかけてもズボラでも。素敵なうつわで、おいしいモノを食べて飲みたい。主婦のあくなき欲望マガジン。

神村酒造 守禮 原酒 × モーウィのツナサラダ

こんばんは。

 

今夜の酒×肴は

神村酒造 守禮 原酒 × モーウィのツナサラダです。

 

 

ところで、サラッとご紹介したモーウィですがこんなものです。

 

…なにかの生き物?フランスパン?

 

サイズは大きいのに、めちゃくちゃ安い。

名前だけでなく、見た目も摩訶不思議な存在感を放っていたので、

捨て置けず、連れて帰ってしまいました。

 

夏〜秋にかけて出回る野菜で、正式には赤毛瓜というのですが、沖縄ではモーウィと呼ばれているんだそうです。

元々は、沖縄〜奄美にかけて、南の島で食用・栽培されていたのですが、汎用性の高さと美味しさに近頃は他県でも栽培されるようになったそうです。

 

冬瓜や大根と煮たような料理に使えるらしく、

生ではもちろん、煮ても美味しく食べられるようです。

大根や蕪のように、煮崩れもしにくく、綺麗に炊き上がるんだそうですよ。

(詳しくはググってください。)

 

断面。たしかに、瓜科らしい見た目ですね。

縦に切るとこんな様子です。メロンのような。

カットしてしばらく置くと切り口から、とろとろと透明な粘液のようなものが出てきました。

調べてみると、アクなんだそう。

威勢がいいですね。

 

アクを抜かずにそのまま漬物や炒めものにもできますが、 

気になる方は、塩で揉み込む・水に晒すなどして、アクを抜きましょう。

 

 

ということで、主人の大好きなツナと和えて、サラダにしてみました。

作り方は、

モーウィの皮をピーラーでむいて

中のタネをくり抜き

スライスしてから塩もみ。10~15分間放置します。

 

どっぷりでてきた水分をしっかり切ったら

お酢・マヨネーズ・ツナ缶をいれて混ぜる。

 

色が寂しいので、最後にパプリカパウダーを気持ちかけてみました。

お味にクセはなく、しゃくしゃく。

大根をさらにあっさりさせた感じでしょうか。

 

ツナの旨味と淡白感が引き立って良いい感じです。

 

お酒は前回に引き続き(神村酒造さんの守禮の原酒。 

今回は、カラカラの中で先に水割りをして

ちびちび飲んでいく感じで。

あっさりしたモーウィのサラダと、さっぱりした泡盛はよくあいます。

それでは、かんぱーい