酒と肴と時々カレー

手間をかけてもズボラでも。素敵なうつわで、おいしいモノを食べて飲みたい。主婦のあくなき欲望マガジン。

一宮酒造 門出 のロック×豚ナス炒めとネバネバスープ

今夜の酒×肴は

一宮酒造 門出×豚ナス炒めとネバネバスープです。

 

今日は、ちょっと夏バテ気味なので、さっぱりお酒をいただきたく、ロックで。

お酒をロックで?とびっくりされることがありますが、

そもそも普通の日本酒の多くは、原酒をアルコール度数15度くらいにまで水で割り戻したもの。

自分の好みで水で割ったっていいのです。

 

また、漫画 夏子の酒 で有名な尾瀬あきらさんも、

著書“ 知識ゼロからの日本酒入門”にて、べつに割ってもいいと断言してらっしゃったので、この思いはますます確固たるものとなったわけでございます。

 

とはいえ、割るならちょっとコクのあるこってりしたお酒がおすすめです。

 

今回の門出は、真夏に飲むにはさっぱり感に欠けたため、

あえて大きな氷をたっぷり使ってロックに。

少し酸味が強くなり、爽やかな旨味が広がります。おいしい。

グラスについだ時の、氷がゆらゆら溶ける様を眺めながら一杯やるのもまた一興。

 

 

それでは肴にまいりましょう。

暑い夏に、体内の水をしっかり発散させる茄子と、

ビタミンたっぷりぶた肉の炒め物です。

ほんの少しの塩でしっかり美味しい。満足の肴。

 

 

 

もう一つは、ネバネバスープ。

納豆・オクラ・キムチ・アカピーマン・ピーマンをぐるぐるネバネバ混ぜ合わせ…

出汁をぶっかけ、鰹節を乗せただけ。

このネバネバとキムチとピーマンが、シャキトロ〜っで、最高なのです。

 

このオクラのトロトロはムチンという成分でできていて、なんでも内臓の膜を保護してくれる優しい成分なんだとか。

 

 

なんて、御託はいいので、今夜もおいしくいただきましょうか〜。

かんぱ〜い。