酒と肴と時々カレー

手間をかけてもズボラでも。素敵なうつわで、おいしいモノを食べて飲みたい。主婦のあくなき欲望マガジン。

お茶×和菓子 一保堂さんの「北野の昔」と羊羹

私にとってのちょっとした贅沢時間がお茶の時間です。

おいしいものを食べながら、ゆっくり本でも読む時間。

 

先日、このお茶時間をもっと幸せにするために、

一保堂さんの北野の昔を購入してみました。

一保堂さんは、京都にある日本茶専門店。老舗に当たるお店です。

 

うちの先生(というか表千家)は、柳桜園さんがお好み。

お稽古ではいつも柳桜園さんのお抹茶です。

 

でもたまには違う銘柄も飲んでみたい。ということで、今回は一保堂さんでトライ。

 

ちょうどお土産で、寛永堂さんの羊羹をいただいたところなので、

一緒にいただくことに。

 

寛永堂さんもおいしいよね。

おいしいです。おいしい羊羹は甘すぎない。

 

京都には虎屋さん以外にも羊羹屋はたくさんあります。

羊羹は、苦手という方もいらっしゃるかもしれません。

 

かくいう私も、そんなに好きではありませんでした。

甘いだけで、もちゃもちゃするし、何が美味しいんだろう?と。

おいしさを知らなかった私ですが…

 

その価値観を覆したのが、お茶との出会いです。

 

抹茶だけだと苦いだけ。

羊羹だけだと甘いだけ。

 

ところが、抹茶×羊羹が想像以上に最強の組み合わせ。

 

羊羹を一口食べた後に飲むお抹茶の、なんとマイルドなことか。

あんなに苦いだけだったのに、少し甘みまで感じるほど。

そして抹茶によって、羊羹のもったりした甘みが、すっとさわやかに落ち着くのです。

 

この食べ合わせ(飲み合わせ)は、一度飲んだらビックリですよ。

お抹茶や羊羹に対するイメージも、ちょっと変わったかな。

 

あと、この日はチョコとも合わせてみました。

そうです。先生はたまにこう言った洋菓子も、たまにお稽古で出してくれます。

面白い。

 

是非機会あれば試してみてくださいね。

 

今日ご紹介したお店▼

www.ippodo-tea.co.jp

柳桜園茶舗 | 京都観光・グルメスポット検索|京都いいとこウェブ

www.kaneido.com