酒と肴と時々カレー

手間をかけてもズボラでも。素敵なうつわで、おいしいモノを食べて飲みたい。主婦のあくなき欲望マガジン。

一宮酒造 門出ロック × トマト鯖缶

こんばんは。暑いですね〜。

 

今夜の酒×肴は

一宮酒造 門出×トマト鯖缶です。

 

 

お酒は変わらず一宮酒造の門出。

結構コクのあるお酒だったので、ロックにしても美味しいです。

 

ひんやり冷たいくて、夏でも爽やかにお酒がたのしめます。

 

つまみは、トマト鯖缶

なんてことない、トマトをザク切りにして、鯖缶と共にさっと炒めるだけです。

 

鯖缶は、水煮がおすすめ。

水煮の方が、魚臭くないのです。おいしい。

さっぱり鯖缶と、トマトの酸味がマッチ。

 

こちらも暑くるしい夏にぴったりのつまみです。

一瞬でできちゃうのもいいですよ。

 

 

今夜は主人と映画でもみながら。

かんぱーい。

一宮酒造 門出 のロック×豚ナス炒めとネバネバスープ

今夜の酒×肴は

一宮酒造 門出×豚ナス炒めとネバネバスープです。

 

今日は、ちょっと夏バテ気味なので、さっぱりお酒をいただきたく、ロックで。

お酒をロックで?!とびっくりされることがありますが、

そもそも普通の日本酒の多くは、原酒をアルコール度数15度くらいにまで水で割り戻したもの。

自分の好みで水で割ったっていいのです。

 

また、漫画 夏子の酒 で有名な尾瀬あきらさんも、

著書“ 知識ゼロからの日本酒入門”にて、べつに割ってもいいと断言してらっしゃったので、この思いはますます確固たるものとなったわけでございます。

 

とはいえ、割るならちょっとコクのあるこってりしたお酒がおすすめです。

 

今回の門出は、真夏に飲むにはさっぱり感に欠けたため、

あえて大きな氷をたっぷり使ってロックに。

少し酸味が強くなり、爽やかな旨味が広がります。う〜ん。おいしい。

グラスについだ時の、氷がゆらゆら溶ける様を眺めながら一杯やるのもまた一興。

 

 

それでは肴にまいりましょう。

暑い夏に、体内の水をしっかり発散させる茄子と、

ビタミンたっぷりぶた肉の炒め物です。

ほんの少しの塩でしっかり美味しい。満足の肴。

 

 

 

もう一つは、ネバネバスープ。

納豆・オクラ・キムチ・アカピーマン・ピーマンをぐるぐるネバネバ混ぜ合わせ…

出汁をぶっかけ、鰹節を乗せただけ。

このネバネバとキムチとピーマンが、シャキトロ〜っで、最高なのです。

 

このオクラのトロトロはムチンという成分でできていて、なんでも内臓の膜を保護してくれる優しい成分なんだとか。

 

 

なんて、御託はいいので、今夜もおいしくいただきましょうか〜。

かんぱ〜い。

一宮酒造 門出×豆苗のぶた肉巻き

https://www.instagram.com/p/BXFpTTVnK-n/

今日の酒と肴は

一宮酒造の門出×豆苗のぶた肉巻きです。

 

 

お酒は島根石見銀山にある一宮酒造の限定酒「門出」。

沖縄への引っ越しの際、友人が門出と評してプレゼントしてくれたものです。

杜氏さんのいる酒蔵で、しっかりとしたコクのつよい味でおいしい。

まさに、つまみが欲しくなるお酒です。

 

私は飲むペースが遅めなので、しばらくはこれが続きます。

 

お気に入りのカラカラ▼

カラカラとは、沖縄特有のフォルムをしたお銚子のことです。

中に鳴り物が入っていて、お酒が空になったら、カラカラ(空々)と鳴るところから、その名がついたそうですよ。

 

 

豆苗のぶた肉巻き

カットした豆苗をぶた肉に巻いて、レンチンするだけ。

ささっとアテは重宝しますよね。

 

軽くパプリカパウダーやごま、中華タレをかけると見た目も華やかになります。

醤油やポン酢でもおいしいかも。

 

豆苗のサクサク感がぶた肉にマッチして、食感も楽しめますよ。 

 

もう一つポイントは、この肉巻き様の尻に敷かれているもやしです。

数秒だけ炒めたもやしを敷いてます。これ、一緒に食べるのがおすすめ。

シャキシャキ感がハマります。

豆苗のシャキシャキ感ともやしのシャキシャキ感のコラボです。 

 

 

今夜の酒×肴はこんな感じで。

それでは、かんぱ〜い。

お茶×和菓子 亀屋良長 烏羽玉。

烏羽玉って、あっさりした餡の味が、しつこくなくて好き。

 

公式HPによると… 

波照間島産の黒糖をつかったこし餡に、寒天とけしの実をかけたもの。
黒糖のコクと甘みが広がり、黒糖と餡の香りが余韻に残ります。

とのことです。 

 

あとこの見た目。

コロンとしててかわいい。目でも癒されるのが特徴。

 

亀屋良長さんは、SOUSOUさんとのコラボパッケージがあったりして、

もう、これが、可愛くって女子受けも抜群です。

ちょっとしたお持たせでも、好評なのでよく使います。

広い層に外れない感じが花丸です。

 

最近ばたばたしてて、ちょっとゆっくりする時間がなかったので、一服した話。

 

おみせ▼


お茶×和菓子 一保堂さんの「北野の昔」と羊羹

私にとってのちょっとした贅沢時間がお茶の時間です。

おいしいものを食べながら、ゆっくり本でも読む時間。

 

先日、このお茶時間をもっと幸せにするために、

一保堂さんの北野の昔を購入してみました。

一保堂さんは、京都にある日本茶専門店。老舗に当たるお店です。

 

うちの先生(というか表千家)は、柳桜園さんがお好み。

お稽古ではいつも柳桜園さんのお抹茶です。

 

でもたまには違う銘柄も飲んでみたい!

ということで、今回は一保堂さんでトライ。

 

ちょうどお土産で、寛永堂さんの羊羹をいただいたところなので、

一緒にいただくことに。

 

寛永堂さんもおいしいよね。

うまい。(いっこたべちゃった。)

おいしい羊羹は甘すぎない。

 

京都には虎屋さん以外にも羊羹屋はたくさんあります。

羊羹は、苦手という方もいらっしゃるかもしれません。

 

かくいう私も、そんなに好きではありませんでした。

甘いだけで、もちゃもちゃするし、何が美味しいんだろう?と。

おいしさを知らなかった私ですが…

 

その価値観を覆したのが、お茶との出会いです。

 

抹茶だけだと苦いだけ。

羊羹だけだと甘いだけ。

 

ところが、抹茶×羊羹が想像以上に最強の組み合わせ。

 

羊羹を一口食べた後に飲むお抹茶の、なんとマイルドなことか。

あんなに苦いだけだったのに、少し甘みまで感じるほど。

そして抹茶によって、羊羹のもったりした甘みが、すっとさわやかに落ち着くのです。

 

この食べ合わせ(飲み合わせ)は、一度飲んだらビックリですよ。

お抹茶や羊羹に対するイメージも、ちょっと変わったかな?

 

あと、この日はチョコとも合わせてみました。

そうです。先生はたまにこう言った洋菓子も、たまにお稽古で出してくれます。

面白い。

 

是非機会あれば試してみてくださいね。

 

今日ご紹介したお店▼

www.ippodo-tea.co.jp

柳桜園茶舗 | 京都観光・グルメスポット検索|京都いいとこウェブ

www.kaneido.com

 

加地 学 さんと上田 隆之 さんの味わい深い土ものの器。

先日行ってきた北海道の旅で

北海道におけるホクレングループの幅の利かせ具合と

それでも価値の高い商品を作り続けるクオリティの高さに感動しっぱなしだったのですが…(詳細はまた、後日にて)

 

最終日、小樽観光で発見したホクレンふうど館というお土産屋さんで出会った

作家さんの器が魅惑すぎて、またもや幾つか購入してしまいました…。

 

土のざらつきを生かした作品が印象的な 加地 学 さんの器

ご覧ください。この男らしいたたづまい。一目惚れです。

底と縁の焼き上がりの違いなんかも、

まさに自然の瞬間の芸術。

 

作家の加地さんは、北海道出身の陶芸家さん。

HPによると、インドで陶芸に目覚めたそうです。

きっかけがすごい…笑。 

 

参考・HPなど▼

加地学 - Wikipedia

utsuwanote.exblog.jp

 

土感と釉薬が生む肌触りのいい 上田 隆之 さんの器

次に私好みのドストライク。

こちらの上田さんの作品。釉薬と素地の感じがたまりません。

 

まずは、手頃なお茶碗サイズがもう少し欲しくて購入したこちらの2つ。

まずは美しいエメラルドグリーンの方を。

 

ご覧ください。このガラス質感溢れる釉薬

貫入好きにはたまらないですね。

高台裏も、たっぷりかかった釉薬の質感がたまりません。

 

白でベース作って、あとでガラス質のグリーンを乗せた感じでしょうか。

くわしくはわかりませんが、私好みです。

 

 

もう一つがこちらの白ですね。

こちらも、品のよい落ち着いた白と、色のつき方の不均等感にイチコロです。

 

そしてこの高台裏。

 

この無造作に入った貫入。

今回かった器の中で一番私好みの高台裏です。

 

 

この素地の鉄分を含んだ黄色オレンジと、白の生み出す貫入は

この子にしかない個性です。

 

 

最後にこちらの豆皿。

 

これも独特の釉薬ですよね。なかなか見かけない。

こちらは、裏を見ると素地か釉薬かわからない、なんとも不思議な仕上がりです。

おもしろい。

 

 

上田隆之さんです。参考・HPなど▼

bisen-ob.blog.jp

上田 隆之 TP

 

 

北海道小樽に行く際は、

是非ホクレンふうど館、行ってみてください。

器、めっちゃおすすめです。

www.fudokan.jp

新潟のデザイン。F/styleの再生ビンのビーカーが仲間入りした話

みなさま、新潟にあるプロダクトデザインチーム

F/style(エフスタイル)をご存知ですか?

F/style_basic products studio

 

先日、新潟に行った際、立ち寄りました。

 

とてもオシャレな空間で見つけたのが、

再生瓶で作られた1合グラスカップ。

 

一目惚れ。

 

2個も買ってしまった。えへへ。

 

 

新潟県内で消費された後、

リサイクルで回収されたビンを手作りでアップリサイクルされたものなんだそう。

 

 

ちょこんとつまめる取ってがかわいい。

ちょっとしたお菓子を詰めてもいいかな。

 

切れ目のデコボコ感も良い感じ。

このほかにも

素敵なプロダクトがたくさん揃った

エフスタイルさん。

 

機会あれば、是非いってみてくださいね。

エフスタイルのオフィスとショールームのご紹介