酒と肴と時々カレー

手間をかけてもズボラでも。素敵なうつわで、おいしいモノを食べて飲みたい。主婦のあくなき欲望マガジン。

神村酒造 守禮 原酒 × モーウィのツナサラダ

こんばんは。

 

今夜の酒×肴は

神村酒造 守禮 原酒 × モーウィのツナサラダです。

 

 

モーウィ?

 

なにそれ?(なんかサラッと言ったけど聞いた事ない。)

 

って、思いますよね。

私もファーマーズマーケット)で見つけた時に思いました。

 

 

モーウィとはこんなものです。

 

…なにかの生き物?フランスパン?

 

サイズは大きいのに、めちゃくちゃ安い。

名前だけでなく、見た目も摩訶不思議な存在感を放っていたので、

捨て置けず、連れて帰ってしまいました。

 

夏〜秋にかけて出回る野菜で、正式には赤毛瓜というのですが、沖縄ではモーウィと呼ばれているんだそうです。

元々は、沖縄〜奄美にかけて、南の島で食用・栽培されていたのですが、汎用性の高さと美味しさに近頃は他県でも栽培されるようになったそうです。

 

冬瓜や大根と煮たような料理に使えるらしく、

生ではもちろん、煮ても美味しく食べられるようです。

大根や蕪のように、煮崩れもしにくく、綺麗に炊き上がるんだそうですよ。

(詳しくはおググりください。)

 

断面。たしかに、瓜科らしい見た目ですね。

縦に切るとこんな様子です。メロンのような。

カットしてしばらく置くと切り口から、とろとろと透明な粘液のようなものが出てきました。

調べてみると、アクなんだそう。

威勢がいいですね。

 

アクを抜かずにそのまま漬物や炒めものにもできますが、 

気になる方は、塩で揉み込む・水に晒すなどして、アクを抜きましょう。

 

 

ということで、主人の大好きなツナと和えて、サラダにしてみました。

作り方は、

モーウィの皮をピーラーでむいて

中のタネをくり抜き

スライスしてから塩もみ。10~15分間放置します。

 

どっぷりでてきた水分をしっかり切ったら

お酢・マヨネーズ・ツナ缶をいれて混ぜる!

 

色が寂しいので、最後にパプリカパウダーを気持ちかけてみました。

お味にクセはなく、しゃくしゃく。

大根をさらにあっさりさせた感じでしょうか。

 

ツナの旨味と淡白感が引き立って良いい感じです。

 

お酒は前回に引き続き(神村酒造さんの守禮の原酒。 

今回は、カラカラの中で先に水割りをして

ちびちび飲んでいく感じで。

あっさりしたモーウィのサラダと、さっぱりした泡盛はよくあいます。

それでは、かんぱーい

白いシルエットが美しい 幾田晴子さんのうつわ

先日いった京都五条の陶器市で、一目惚れした幾田晴子さんのうつわ。

 

懐かしい匂いがするけと

新しい。

そんな雰囲気をもつうつわを

と思い、

日々制作しております。

 なんて、素敵な言葉とともに、我が家にやってきました。

 

白いシルエットが本当にうつくしい。

陶磁器なのに、真っ白ではなく、土の目がわかるくらいのやさしい素地。

 

裏には、晴子さんの「晴」の刻印が。

メインにもなりうるつまみをのせたいな。

 

 

もう一皿は、豆皿くらいのサイズ感。

このシルエット、私のドツボにハマりました。

 

干菓子や干果物なんて、ちょこんと置いたらかわいいだろうな。

 

また、幾田晴子さんの器は、とても軽くて薄いのも特徴的。

持ってみるとわかります。その軽さ。薄さ。

 

 

やさしく扱わないと、壊れてしまいそうな、

儚い女性らしい繊細な佇まいです。

 

この儚さに惚れた私です。

 

こちらも裏には「晴」の刻印。

見ているだけでうっとりする幾田晴子さんのうつわでした。

 

この他にも、絵付けしているものや、唐草の彫りが入った器もありました。

また少しづつ集めて行きたいな。

 

幾田晴子

1968 横浜出身

1991 女子美短期大学校終了

1998~2001 波佐見・西有田にて 勤務・見習い

2002 篠山市今田町 築窯

2000 技能士陶磁器製造二級(絵付け作業)取得

 

〒669-2133

兵庫県篠山市今田町下小野原747−1

079-597-3901

ikutaseiko@maia.eonet.ne.jp

 

幾田晴子 | 篠山のはしっこ、今田と古市、こんなとこ。『コンダフル』

神村酒造 守禮 原酒 × 三枚豚の角煮

こんばんは。

今夜の酒×肴は

神村酒造 守禮 原酒 × 三枚豚の角煮です。

 

やっとこさ日本酒・門出を飲み終え、次は泡盛に突入しました。

 

お気に入りの作家のカラカラで。この渋みがたまらなく好みです。

 

こちらの泡盛の酒蔵:神村酒造さんは、守禮と暖流が有名な泡盛

暖流:木樽で寝かしてウイスキーのような風味のついた泡盛

「暖流をソーダで割って、ハイボールならぬ「暖ボール」で飲もう!」というのが、神村酒造さんの推し。酒蔵に赴いた際も、すごく推しの商品であることがよくわかりました。

 

しかしながら、試飲した結果、連れ帰ったのは守禮の原酒でございました。神村酒造さん、ごめんなさい。

51度もあるので、しっかり割らないと、すぐに飛んでしまいます。

少し足すだけで、とても華やかな香り。

 

 

本日は、三枚豚の角煮です。

添え物は、食物繊維たっぷりのごぼうとネギ。

ごぼうはカットした後に、しばらく水で薄めたお酢につけて置きます。

そうすれば、アクも抜けて、歯ごたえも残り、美味しく仕上がります。

 

 

さらに、毎朝飲んでいるアーモンドミルクで残ったクラッシュアーモンドも一緒に煮込みました。

お肉に油分が多いので、少しでも食物繊維でスッキリさせたいなとの思いから。

 

 

やっぱり三枚豚には沖縄の泡盛がよく合う。ジューシーです。

しつこい豚も、添え物を挟むことで、飽きずに食べられます。

コリコリ歯ごたえバグツンなゴボウ。

風味の効いたネギ。

 

美味しいんだなあ。これが。

それでは明日からも頑張りましょう。

かんぱい

 

 

本日のお酒

神村 守禮原酒 51度 1800ml  [泡盛/沖縄県]

神村 守禮原酒 51度 1800ml [泡盛/沖縄県]

 

 

一宮酒造 門出ロック × ヘチマと肉炒め

こんばんは。

 

今夜の酒×肴は

一宮酒造 門出×ヘチマと肉炒めです。

 

お酒は、相も変わらず一宮酒造さん。

いつまで続くのか。との声が聞こえてきそうですが、

程よい量をゆっくり飲むのが、私には合っているようです。

 

 

肴はヘチマと肉を炒めたもの。

ヘチマが食べられるなんて…ご存知でしたか?

私は知りませんでした。

 

ヘチマといえば、小学校の時に校庭に植えて育てて…

食べるわけではなく、体とかを洗うスポンジとして収穫したのを、

遥か彼方の記憶にございますが。

 

まさか食べるなんて。

沖縄ではナーベーラーと言い、よく食用として販売されているようです。

 

 

言われてみれば、スポンジ感のある断面です。

しかし、見た目に反して食感は、スポンジ繊維質は全く気にならず。

シャクシャクしんなりして、とても美味しいです。

少し甘みがあるのも特徴的。

 

アクが出るので、塩もみしてから使用しました。

味付けはこの時の塩分のみで炒めております。

たんぱくなお肉としゃくしゃく感が、よく合います。

おいしい。

 

一宮酒造のロックにぴったり。

かんぱい

一宮酒造 門出ロック × トマト鯖缶

こんばんは。暑いですね〜。

 

今夜の酒×肴は

一宮酒造 門出×トマト鯖缶です。

 

 

お酒は変わらず一宮酒造の門出。

結構コクのあるお酒だったので、ロックにしても美味しいです。

 

ひんやり冷たいくて、夏でも爽やかにお酒がたのしめます。

 

つまみは、トマト鯖缶

なんてことない、トマトをザク切りにして、鯖缶と共にさっと炒めるだけです。

 

鯖缶は、水煮がおすすめ。

水煮の方が、魚臭くないのです。おいしい。

さっぱり鯖缶と、トマトの酸味がマッチ。

 

こちらも暑くるしい夏にぴったりのつまみです。

一瞬でできちゃうのもいいですよ。

 

 

今夜は主人と映画でもみながら。

かんぱーい。

一宮酒造 門出 のロック×豚ナス炒めとネバネバスープ

今夜の酒×肴は

一宮酒造 門出×豚ナス炒めとネバネバスープです。

 

今日は、ちょっと夏バテ気味なので、さっぱりお酒をいただきたく、ロックで。

お酒をロックで?!とびっくりされることがありますが、

そもそも普通の日本酒の多くは、原酒をアルコール度数15度くらいにまで水で割り戻したもの。

自分の好みで水で割ったっていいのです。

 

また、漫画 夏子の酒 で有名な尾瀬あきらさんも、

著書“ 知識ゼロからの日本酒入門”にて、べつに割ってもいいと断言してらっしゃったので、この思いはますます確固たるものとなったわけでございます。

 

とはいえ、割るならちょっとコクのあるこってりしたお酒がおすすめです。

 

今回の門出は、真夏に飲むにはさっぱり感に欠けたため、

あえて大きな氷をたっぷり使ってロックに。

少し酸味が強くなり、爽やかな旨味が広がります。う〜ん。おいしい。

グラスについだ時の、氷がゆらゆら溶ける様を眺めながら一杯やるのもまた一興。

 

 

それでは肴にまいりましょう。

暑い夏に、体内の水をしっかり発散させる茄子と、

ビタミンたっぷりぶた肉の炒め物です。

ほんの少しの塩でしっかり美味しい。満足の肴。

 

 

 

もう一つは、ネバネバスープ。

納豆・オクラ・キムチ・アカピーマン・ピーマンをぐるぐるネバネバ混ぜ合わせ…

出汁をぶっかけ、鰹節を乗せただけ。

このネバネバとキムチとピーマンが、シャキトロ〜っで、最高なのです。

 

このオクラのトロトロはムチンという成分でできていて、なんでも内臓の膜を保護してくれる優しい成分なんだとか。

 

 

なんて、御託はいいので、今夜もおいしくいただきましょうか〜。

かんぱ〜い。

一宮酒造 門出×豆苗のぶた肉巻き

https://www.instagram.com/p/BXFpTTVnK-n/

今日の酒と肴は

一宮酒造の門出×豆苗のぶた肉巻きです。

 

 

お酒は島根石見銀山にある一宮酒造の限定酒「門出」。

沖縄への引っ越しの際、友人が門出と評してプレゼントしてくれたものです。

杜氏さんのいる酒蔵で、しっかりとしたコクのつよい味でおいしい。

まさに、つまみが欲しくなるお酒です。

 

私は飲むペースが遅めなので、しばらくはこれが続きます。

 

お気に入りのカラカラ▼

カラカラとは、沖縄特有のフォルムをしたお銚子のことです。

中に鳴り物が入っていて、お酒が空になったら、カラカラ(空々)と鳴るところから、その名がついたそうですよ。

 

 

豆苗のぶた肉巻き

カットした豆苗をぶた肉に巻いて、レンチンするだけ。

ささっとアテは重宝しますよね。

 

軽くパプリカパウダーやごま、中華タレをかけると見た目も華やかになります。

醤油やポン酢でもおいしいかも。

 

豆苗のサクサク感がぶた肉にマッチして、食感も楽しめますよ。 

 

もう一つポイントは、この肉巻き様の尻に敷かれているもやしです。

数秒だけ炒めたもやしを敷いてます。これ、一緒に食べるのがおすすめ。

シャキシャキ感がハマります。

豆苗のシャキシャキ感ともやしのシャキシャキ感のコラボです。 

 

 

今夜の酒×肴はこんな感じで。

それでは、かんぱ〜い。